UVモーフを作ろう|PMXエディタ|きまぐれ猫遊び

きまぐれ猫遊び

3Dソフト初心者がBlenderでキャラ制作を頑張ってみるブログでございます。

UVモーフを作ろう

まいど( ̄ー ̄)ゞ

モーフを作っていきますよ。
UV配置を移動させてのモーフ作りです。




blenderで頂点を移動させての表情作りをしてますが、今回はPMXEでUVモーフとやらを作りますよ。

普通のモーフは、こんな感じで頂点を移動させてオブジェクトの形を変えてますね。

UVモーフは、形は変えずにUV配置を変えて変化させるモーフですかね。

UVモーフを作ります

 

では、目のUVモーフを作っていきます。

まずは、必要なPMXEのプラグインをダウンロードします。

こちらのどるるさんのUVエディタを使わせてもらいましょう。

ダウンロードしたら、ペイントソフトでテクスチャを作っていきますよ。

これが出来てる目のテクスチャですね。

目の部分をコピーして空いてる場所に張り付けました。
コピーする大きさは自由ですかね。
解像度にこだわるなら同じ大きさの方が良いでしょうけどね。

変えたい目の表情を描き加えておきます。
これでテクスチャの用意はOKですね。

ここからPMXEの操作ですね。

起動したら、【編集】→【プラグイン】→【User】→【UVエディタ】を選択します。

新しいウィンドウが開くので、右側の【材質】から変更したい材質を選択します。

左の画面でドラッグさせて、移動させたいUV配置を範囲選択します。
選択されたUV配置の頂点が赤くなりますね。

右側の【頂点操作】や【値入力で操作】を使って、UV配置を移動させます。

移動が完了したら、右側の【UVモーフ】タブをクリックします。
右側の項目が変わるので、【パラメータ】でUVモーフの名称と種類を変更します。
あとで自由に変えられますけどね。
次に【動作確認】の【反映】をクリックします。
その下のシークバーでUVがどう変わるのかが確認できるようになります。

OKならば右下の【新規追加】をクリックすればUVモーフの完成です。

モーフ一覧にも追加されてるか確認しておきましょうか。

実際に動かしてOKなら完了ですよ。

ちなみに、今回のこのUVモーフはモーフの変化量が半端だとおかしな事になりますね。
テクスチャの間を通って変わるので、0か1じゃないと目の表情がやばいですw
変える時はまばたきの間とかで変えると自然かもですかねぇ。









 

スポンサードリンク



拍手[0回]