質感をツヤツヤにしてみますよ|PMXエディタ|きまぐれ猫遊び

きまぐれ猫遊び

3Dソフト初心者がBlenderでキャラ制作を頑張ってみるブログでございます。

質感をツヤツヤにしてみますよ

まいど( ̄ー ̄)ゞ

PMXEで材質設定をしますよ。
GIMPでスフィアマップを作ってツヤツヤにしよう。


スフィアアップを作ります

 

今回は材質をもっと進化させてみましょう。

この部分をもっと金属っぽくしたいのです。
テクスチャで描けばいいのですが、そんな技術もないのでスフィアさんに頼りますよ。

スフィアというのはざっくり言えば光沢を出すようなものと認識してます。
そんなわけなので見様見真似でちょっと作ってみますよ。

今回はGIMPで作ります。
イラストツールなら何でも良いみたいですね。
まずは円を作ります。

次にハイライトっぽいのを付け加えます。
これで完成!
形式はPNGで保存しました。
前はBMP限定だったみたいですけど今はPNGでもJPEGでもOKだそうで。

PMXEを起動して適用させます。
【材質】の下の方の【スフィア】の横の水色の四角をクリックします。

新しいウィンドウが開くので【ファイル】から【テクスチャ読み込み】を選択します。
一覧の中から作った画像を選択します。

戻ってきて【スフィア】の横にある【無効】をクリックして【乗算スフィア】を選択します。

スフィアが適用されました。
色は変わりましたが、ちょっとそれっぽくなったんじゃないですかね!
ちなみに「加算スフィア」では真っ白になってました。

ここで改めてスフィアというものを調べてみます。
それでざっくり理解したのは。主に「加算スフィア」で使うことが多いみたいですね。

「加算スフィア」は、その材質にさらに明るく付け加えるスフィアですかね。
黒(黒は無色として適用される)を基調として薄い色を付け加える感じでしょうか。
「乗算スフィア」は、その材質に濃く適用されるようです。
元の材質が薄い色でかつ色を付け加えたい時に使う感じでしょうか。

そんな単純ではなさそうですが素人の頭ではそんな認識でいきますw
先ほど作ったのは薄い感じのスフィアマップだったので、乗算が良くて加算だと白くなってという訳でしょうね。

今回は元の色を使いたいので作り直してみます。

こんな感じでどうでしょうかね。
黒で少し光るようなイメージ。

適用させるとこんな感じ。
大分らしくなったんじゃないですかね!
まぁ、抑えたつもりなのですが結構テカテカですねw
もうハッキリと作らないで気持ち程度にハイライトするつもりで作った方が良さそうです。

とりあえずはこんな物ですかね。

ちなみにそのままズボンに適用するとこうなります。
超てっかてか!
材質毎にスフィアマップを作らないとですねw

 

スポンサードリンク



拍手[2回]