VRCに挑戦・モデルのFBX形式化|blender|きまぐれ猫遊び

きまぐれ猫遊び

3Dソフト初心者がBlenderでキャラ制作を頑張ってみるブログでございます。

VRCに挑戦・モデルのFBX形式化

まいど( ̄ー ̄)ゞ

モデルの形式チェンジ。
MMD用のPMXからVRC用のFBXへ。




VRCをぼちぼちやりながらモデル作りも進めていきますよ。
・・・酔うから長時間出来ませんからね。。

MMD用には仕上げたので、次はblenderに戻してVRC用に変換しますかね。


新しくblenderのアドオンで「Cat's Blender Plugin」なる物も使わせてもらおうと思います。
良い感じにVRC用に変換してくれるアドオンですね。

まずはblenderを起動してアドオンをインストール。
左上の【ファイル】から【ユーザー設定】を選択。
【アドオン】タブをクリックして【ファイルからアドオンをインストール】をクリックします。
ファイル選択が出るので、ダウンロードした「Cat's Blender Plugin」をZIPのまま選択します。
画面戻って【Cat's Blender Plugin】をチェックして有効にしたら【ユーザー設定の保存】をクリック。

MMDモデルをインポートしますよ。
モデルファイルの選択画面の左下に設定があります。
これを画像のように設定してから読み込みます。

モデルを読み込めたら、ボーンを最適化してみましょう。
左の【CATS】のタブをクリック。
【Fix Model】をクリックします。

そうすると、ボーン名が日本語から英語に変わりました!
正直ここは変換するの面倒だなぁ~って思ってたんですよね。便利!
あとは剛体とジョイントも消して、マテリアルも整理してくれてるみたいですね。
多分ですけど、テクスチャの数だけマテリアルを整理っぽいですかねぇ。

次にリップシンク用のシャイプキーの追加。
同じく【CATS】タブから【Visemes】を画像のように設定。
【Create visemes】をクリック。

シェイプキーが追加されました。
結構微妙な表情ばかりになってますけど良いのでしょうかね。
発音による設定なのでしょうかね?

今度はアイトラッキングの設定です。
またまた【CATS】タブから【Eye Traking】の設定。
下の4項目はまばたきした時の形でしょうね。
大抵はウィンク2のにっこりまばたきっぽいですかね。
表情乏しいキャラならウィンクで良いのではないでしょうか。
下の2つは下まぶたっぽいですね。
私のモデルには関係ないので、無表情の【vrc.v_sil】を選択しておきます。
設定が終わったら【Create Eye Traking】をクリックです。
目のシェイプキーが追加されますよ。

他には、長い髪みたいな連なったボーンをまとめるルートボーンの設定とかがあるみたいですが、今回のモデルはそんなでもないので、そのままでいってみましょう。

では、FBXに出力していきます。
【Shift】を押して、【Armature】と【Body】の両方を選択します。

選択してる状態で、【ファイル】→【エクスポート】→【FBX】を選択です。
出力画面になっても、そのまま保存してはいけません。
まだ出力するにも設定項目があります。

左下の設定を画像のように設定します。
バージョンの下のタブでそれぞれ設定が切り替わります。
設定したら、エクスポートして完了ですよ。

次回はいよいよUnityです。
英語苦手な私の運命や如何に。。





 

スポンサードリンク



拍手[0回]