形になってきたアニメ娘もどき|3D|きまぐれ猫遊び

きまぐれ猫遊び

3Dソフト初心者がBlenderでキャラ制作を頑張ってみるブログでございます。

形になってきたアニメ娘もどき

まいど( ̄ー ̄)ゞ

似てる似てない以前にちゃんと動くかどうかな問題。
シンプルな衣装だけど躓く!




さてさて・・・

ここまで造形したモデルにテクスチャを貼りつけです。

こうなりました。
いつも通りベイクして焼き付けたテクスチャですね。
頭部だけさらに描きこんでみた状態です。

目の構造を変えました。
白目・虹彩・瞳孔・ハイライトと分けてましたけど瞳孔を消しました。
本家のデザインの目にした方がいいかと思って、虹彩のところに描きこむ形に変更です。
口紅もどうしようかと思いましたが、口が分かりづらいかと思い薄ら塗ってみることに。

後頭部はこんな感じ。
動画見てたりするのだけど、後を向かないのですよねw
横には向いたりしてるので多分こんな感じじゃないのかなぁ~と予想です。
もうちょっと下の方にボリュームあった方がいいのかなぁ。
肩にめり込んだりすると思うし、ひとまずコレで。

衣装はそのままです。
一度シワやら影やらを描きこんでみましたけど、どうみても汚れにしか見えない結果になりましたw
ぐぬぬ。。画力の限界!
とりあえず動かす事を優先してこの辺りは後回しです。

髪のボーンを忘れてたのです追加です。
肩の上あたりからの作成。
これで余程激しく動かない限り前でキープできる・・・はず。

表情モーフの作成です。
作ったのは姫の時とそんな変わらないですかね。
30個くらいで最低限表情が動く感じのもの。
もっと増やしたいけど、これも動かす事を優先して後回しかな。

今もっとも問題にしてるのがコレ。
スカートの構造ですよ。
コレをどうしようかと思案中です。
普通のスカートのように曲面自動設定プラグインで作ろうかと思ってたのですが上手くいかなかったのですよねぇ。
どうもヒラヒラしすぎて違和感があるのです。
しかも貫通しまくりですよ。
予想の範疇ですけどヒラヒラするようなスカートではないと思うのです。
だからといって物理を使わずにグラデーション塗りしても解消されないという状態。
どうしたものでしょうかね。。

・・・。

ちょっと時間がかかるかもしれないので、一度モデルテストとして動画にしてみましたよ。
ホワイトデーという事もあったので記念動画にでも良いかとも思いましたので。

頂いてるコメントに「配布」って言葉が気にかかりますね。
姫の時もそうでしたけど、配布を考えてない作り方をしてます。
改変モデルでなく、自作モデルなので配布自体は出来なくもないのですが今回は引っかかる事があります。

ユーチューバーの二次創作モデルって事なんですよね。
ゲームやアニメとかもまぁ、企業が目を瞑ってやるよみたいな曖昧なグレーな部分だと思うのです。
でも今回のケースの場合はどうなるんでしょうね。
ちょっと毛色が違う感じもしますが、前例あるのかなぁ。
MMDモデルが何体かあるのは知ってますが、全部公式からの配布で二次創作モデルの配布ってあるのかなぁ。
配布したからといって何か影響があるという事はないでしょうけども。

まぁ、何にしてもまだ完成できるかどうかも怪しい状態なんですけどねw

・・・。

あ。そうそう。
このモデルを作ってる理由が、そもそもミライアカリさんと並んで踊る様が見たいという理由なんですけどね。
それで身長差っていうのがどんなものかと思って調べてみました。
エイレーンさんの身長がたしか160cmです。
(動画で1.6mって言ってた気がする。)
それに対してミライアカリさんの身長は未公開。
ということで、PMXEの「身長158cm」というプラグインで測ってみます。
モデルの身長を調べられる上にサイズも変えてくれるというありがたい物です。

誤差はあるでしょうけど、およそ159cm。
これは意外。
スタイル良いから、てっきりもっと高身長などと勝手に思ってましたよw
髪型改変したりしてみてるのに今更気づきましたね。
ちなみにキズナアイさんのモデルでも同じ測定で調べてみると、こっちは誤差はあるけど公式設定の156cmです。
だから、そこまで間違った設定の身長ではないはず。
あくまでMMDでの話ですけどね。





 

スポンサードリンク



拍手[2回]