前途多難な制作状況|3D|きまぐれ猫遊び

きまぐれ猫遊び

3Dソフト初心者がBlenderでキャラ制作を頑張ってみるブログでございます。

前途多難な制作状況

まいど( ̄ー ̄)ゞ

色々と詰んでる状況です。
困難がどんどんやってくる。


問題発生中

 

いやはや・・・
造形もだいぶ出来てきて、もうすぐモーションかと思ってたら、まだまだ序の口だったという話です。
ちょっと試しにblenderに配布されてるモーションを入れてみたら、色々な問題があることが判明した次第です。

一つ目は・・・ボーンが動きません。
といっても、これは解決はしたかな・・・多分。
モーションをいれた後にいざ動かしてみると、胴体は動くのに手足が動かない状況でした。
ミクさんでも動かなかったから何かと思ったら、ボーンの名前が原因でしたよ。
ボーンの名前をモーションデータと合わせないといけないみたいですね。
これはミクさんと同じ名前を使えばいけました。
ミクさんが動かなかった原因はblenderにインポートした時に自動的に名前が変わってたみたいです。
例えば【左肩】の所が【肩_L】に変わってたりしてね。
配布されてるモーションを使うならボーンの名前も気を付けないといけませんね。

それで未解決がこちら。
まずは、ウェイト塗りが上手くいってませんね。
なんだかすごい難しい。
ちょっと塗り残しとかあると動かした時にすぐに歪になるんですよねぇ。
最初に指の内側とか忘れてビヨーンと伸びて変なクリーチャー化になったりしてましたよ。
ボーンの配置の仕方が悪いのかと思ったら、ウェイトの塗り方が原因だったみたいでした。
塗り加減もちょっと違うとカクカクになったりしてるし。。
さらに動かしたい部分のボーン周りだけでなく、他の部分を塗るとまた動きが変わったりもして理解不能状態です。
これは実際の骨や筋肉と同じような作用でもしてるんですかね?
人体の動きも学ばないとといけない感じデスカ。
普通の絵描きさんとかもそのあたりは勉強してるっぽいしなぁ・・・難しい。

それとテクスチャもちょっと様子がおかしいです。
単色で塗りつぶしただけの簡単なものではあるのですが、どうも上手く反映されてないのです。
blenderのレンダーやマテリアルには反映されてるっぽいのですが、エクスポートしてMMDに出すと反映されてなかったりします。
最初は全くの透明だったりしましたね。
そこから色々錯誤してみても、真っ白なモデルが出るだけでテクスチャもないという。。
・・・どこかで何かの操作を飛ばしてるんでしょうかね。

とりあえずテクスチャの問題は保留かな。
まずはblender側でできる事をこなしていかないとですかね。

今まで普通に見てた動画の中でギャグ的なキャラがいたりもしてますが、あのキャラ達も実はしっかりしてるんだなぁ~とつくづく思う今日この頃です。

そんなこんなで現在は逃避中です(笑
(ドラクエ11を買っちゃったので絶賛逃避堪能中!)

 

スポンサードリンク



拍手[0回]