今回のモデルのダイジェスト|3D|きまぐれ猫遊び

きまぐれ猫遊び

3Dソフト初心者がBlenderでキャラ制作を頑張ってみるブログでございます。

今回のモデルのダイジェスト

まいど( ̄ー ̄)ゞ

ようやく完成しました。
・・・完成したつもりなのですが?




まだ破綻したりしてますが、あらかた踊ってくれるようになったので今回のモデル作成の道のりですよ。

まずは素体を作ってザックリ衣装を配置付けてます。
元の素体は「みちゆ」から持ってきて体型を変えてますね。
手足の長さとかも少し短くしたはずです。

下半身を作っていきます。
今回で初めて足の指を作りましたね。
あの名称は知らないけどズボンの中央部分はくっつけずに作りましたけど、後で重なるように作り直しました。
ウェイトを乗せてる最中に作り直したような。。

頭部作成です。
ここで悩んでましたね。。似てねーってw
目の周りはゲーム画面見ながら再現を高めていくか独自のデザインを織り交ぜるか葛藤してました。

顔を後まわしにして上半身を作ってますよ。
中央のデザインを作ってる時にTVでゲイのアメフト選手だかがプロになれるかどうかみたいな事やってましたよ。
なんか作業してる時に耳に入ったりしてるのがインプットされるw

腰ベルトの部分を作成です。
この時の自分にもう少し考えて作れって言いたいですね。
後ほどこのウェイトとUV展開に苦しめられる事になります。

レイピアの作成です。
全体の形状はサックリ作ってますが模様をどうしたものかと考えましたね。
テクスチャで表現を出来れば良いのですが私では無理だろうとね。
とりあえず立体感のありそうな鍔?の部分はテクスチャにせずにモデリングで作ってみました。
ただコレは無駄に頂点増やしそうで気が進まないのですよねぇ。。
実際に模様を作ったのは4分の1ですかね。
残りの前後左右はミラーリングで作ってますよ。

後ろ髪の作成です。
この髪は3回くらい作り直しました。
最初は一束ずつ作っていこうとしてたのですがなんだかおかしな事になっちゃったんですよねぇ。
最終的に作ったのは大きな束を6層にして段階的に切り開いて作ってます。

出来上がったのがコレなんですけどね。
でもコレ失敗してるのです。
切り開いたものを繋げているのですが、今思えばどうしてこんな繋げ方したのかというくらいおかしくなってます。
おかげで構造的に分かりにくく、UV展開も苦労して妙な位置でシーム線入れたりしてますよ。

あとは足りない細かい部分の追加と修正して造形完了です。
といっても、いくつかあとで形変えてるのですけどね。
腰布の垂れさがってる部分とかはこのままで物理演算を導入すると常に貫通しまくってました。
重力で落ちるので外側へ斜めに伸ばすように変えてます。

テクスチャの適用です。
光を当ててベイクしたテクスチャをGIMPを使って付け足してますね。
ここから先の作業が造形よりよほど時間かかる事になります・・・。
ボーンウェイトですね。。

その後はPMXEに移動して物理演算等の導入です。
前回まで一部位しか適用してなかったスフィアとtoonを使ってます。
まぁ、大体が既存で用意されてたもので自作のはちょっとなんですけどね。

出来上がったものがこちら。
いくつか失敗はしているものの今までで一番出来が良いのではないでしょうか。
動かした様がこちら↓

って・・・ん?

配布・・・?

配布は考えてませんでしたね。

うーん。
これで次のモデル作成に移ろうかと思ってたのですが、もう少し調整を頑張ってみましょうか。
さすがにこのままの状態ではね。。

 

スポンサードリンク



拍手[8回]