ライト方向転換不可と法線変更|3D|きまぐれ猫遊び

きまぐれ猫遊び

3Dソフト初心者がBlenderでキャラ制作を頑張ってみるブログでございます。

ライト方向転換不可と法線変更

まいど( ̄ー ̄)ゞ

ちょっとした問題が発生。
次から次へと起こるもので。




さてさて。
モデル作成中には色々と予期せぬ事が起こるものでしてね。
基本的な事なのかもしれないけど、しばらく経つと忘れそうなのでメモです。

カメラや照明が操作不能?

 

はい。blenderでの事です。
ちょっとテクスチャを焼き直そうと照明を当ててベイクしようと思ったのですね。

その時に照明を生成してモデルに当てようとする時に問題発生です。
どうしてか「R」キーで方向が変えられないのです。
「G」キーでの移動は出来るのに何故?と思いましたね。
バグかと思って再起動したりしても直らずでした。
それで設定がおかしくなってるのかと色々確認してると単純な違いを発見。

この画面下の方にある【原点の操作】という所です。
いつの間にかここをクリックして切り替えてたみたいです。
この辺りは普段触ってなかったので全然気づきませんでしたよw

法線の修正

 

次はPMXEでの操作の事です。
ふと髪の部分を見ると違和感を感じました。

それでよく見てみると、なんか以前と違うような。
テクスチャが変わってるのかと思って見ても変わった様子がない。

ということで、テクスチャを剥がしてみると影の付き方が変わってる事を発見。
全くコレもいつの間にこうなってるんだか。。
どう直したものかと考えましたが、どうもコレは法線がおかしくなってるようです。

法線を表示させると、一部方向が変わってしまってます。
これを一つ一つ修正するのは骨が折れるので一度に元に戻す方法を検索です。

まず、直したい部分の法線である頂点をすべて選択します。
メニューから【編集】→【法線関連】→【選択法線の平均面法線設定】を選択します。
これで法線の方向が変わります。

戻りました!
・・・危うく変わる前の作業まで戻るか髪作り直すかする所でした。

※ちなみにコレは面の方向に修正してくれるっぽいので、面の割り方が同じ方向に割られてる事が前提っぽいかな?
ジグザグに割られてる所ですると法線もジグザグになるような気がしますよ。

っと、まぁそんな出来事がありましたよーっと。
ただでさえスカートで苦戦してるのに勘弁してくださいなw





 

スポンサードリンク



拍手[1回]