ミニアカリの制作過程|3D|きまぐれ猫遊び

きまぐれ猫遊び

3Dソフト初心者がBlenderでキャラ制作を頑張ってみるブログでございます。

ミニアカリの制作過程

まいど( ̄ー ̄)ゞ

ちょっと思いついたモデル。
イタズラしちゃうぞ!




さてさてさーて。
モデルの参考として改変していたミライアカリモデル。
それをしている時にふと頭によぎった事をします。
そのために新たなモデルを作りますよ。

まずは素体を作ります。
はい。そうです。
今回作るのはデフォルメモデルですね。
作り方はお試しちゃんの時と同じ作り方です。
あの時より少しは上達したかしら・・・あんまり変わってない気もしますがw

最初は本家のモデルさんを改変してデフォルメさせようと思ったのですが、頂点を削るのが面倒すぎました。。

髪型をざっくり作って配置します。
相変わらず不安になる出始めですねw
下書きでも描ければ最初から綺麗に形作っていけるんですけどねぇ。

頭部は後回しにして衣装から作っていきますよ。
よく観察すると結構凝ったデザインの衣装ですよねぇ。

下半身もサクサクと。
シンメトリー部分だけ作って非対称なのは後からにします。

アクセサリを作っていきます。
花の造形が難しい!
多分バラだと思うのですがなかなか上手くいかず・・・。
ひとまず蕾を作ってから外側を引っ張って作ってみましたよ。

ひとまず衣装の完成。
それっぽくなってきたんじゃないんですかね?
これくらい出来上がってくると最初よりやる気が出てきますね。

髪型を形作っていきます。
デフォルメという言い訳の元に束で作成ですよ!

顔を作っていきます。
ちょっと釣り目すぎましたかね?

後は全体のバランス調整しながら細かい所を見ていきますよ。
意外と作ってないところが多かったですね。

造形が終わったらボーンを入れてウェイト塗りです。
本家のサイドテールは3本くらいに分かれていたけど1本に纏めてみましたよ。
このモデルでバラけるとえらい事になりそうですし・・・。

テクスチャを適用していきます。
やはり瞳が入ると魂入りましたって気になりますね。
陰影はベイク頼みで髪はちょっと適当に描きこんでみました。

表情作りです。
そういえば本家モデルさんは凄い沢山のモーフが用意されてましたね。
モーフ作るだけでも手間がかかってるんだなぁ~とね。
「白目」が「恐ろしい子!」で登録されてるのはちょっと笑わせてくれますねw

あとはPMXEに持っていって各種設定と物理演算導入です。
揺れものは髪とスカートくらいですかね。
作ってる時は気にしてませんでしたが、サイドテールの剛体の大きさを変えてませんね。
道理で貫通しやすいな・・・とね。
大きいから仕方ないかなぁ~くらいにしか思ってませんでしたよ!

ともあれ完成です。
ちょっと日焼けすぎましたか。

では動画作りです。
このモデルとツインテール改変モデルを使って作ります。
しかし使うのは、ほぼ今回のモデルのみです。
ツインテールは冒頭部分と・・・

このサムネで活躍してもらいます。
ツインテールアカリの動画と思わせて、実はチビアカリのダンス動画という罠!
うん・・・このイタズラ動画を作ってみたかっただけなんですねぇw

どやぁ!

・・・。

・・・怒られたりしないよね???

 

スポンサードリンク



拍手[3回]