ダコタさんに挑戦:8|3D|きまぐれ猫遊び

きまぐれ猫遊び

3Dソフト初心者がBlenderでキャラ制作を頑張ってみるブログでございます。

ダコタさんに挑戦:8

まいど( ̄ー ̄)ゞ

どろどろのぬまぬま。
いつ完成するのよ!




さてさてさて。
ちょいとばかり修羅場ってましたよ。
なんで他人んチの修羅場に巻き込まれないと・・・・ブツブツ

と、愚痴はさておきダコタさん。
こちらもこちらで修羅場ってますね。
修羅場というか、泥沼状態でしょうかね。

なんか色々と手詰まってる感じです。
あっちを直せばこっちが悪くなってたりとかね。
ちょっと髪のボーンを弄ってて、気づいたら「あれ?腕ボーンなくなってね?」みたいなのとか。
腕を直したと思ったら、今度はシェイプキーで余計な所が動きまくってたりね。
些細な動きなんだけど表情の組み合わせとかで大きな動きと化しておかしくなるんですよね。
髪が膨らんだり縮んだりしてました。
最初シェイプキーだと気付かずにウェイトがおかしいのだと思って、そっちの方を弄ってましたよ!
元からおかしくなってる所を修正という場合だけでなく、修正してる間に気づかずに他をおかしくしてる所もあって、もう何が何だか。。
そんな感じの泥沼ですよ!!

特に上着部分ですかね。
どうも不安定すぎるんですよねぇ。。
あ。ちょっと形変えました。

これが・・・

こうなりました。
設定してる時によくデザイン見ると柄のついてる生地からもタッセルがあるしでちょっと違くね?と思ってね。
ちょいとファンアートとかはどうなってるかなと見ると、こっちの方が近いのかなと変えてみましたよ。

まぁ、形は変えても問題は変わってないんですけどね。
模様は伸びるし、貫通もしやすいんですよねぇ。
どうしたものかと試行錯誤です。
色々試してはいるのですが、どれもいまいちですねぇ。
もういっそ全部に物理演算を仕込めば良くね?みたいにやってはみたのですが上手くいきませんね。
挙動としてなら全て物理演算にするのが一番それっぽかったのですけどね。
ただそれを完成させるには結構緻密な設定をしていかないと厳しいっぽいので私には無理と判断しました。
何よりここで手詰まり過ぎて億劫・・・。
結局は一番最初みたいな感じが良かったですかね。
それにちょっと改良を加えてますけど。

なんか幸先不安な新年となってますねw





 

スポンサードリンク



拍手[0回]