ダコタさんに挑戦:10|3D|きまぐれ猫遊び

きまぐれ猫遊び

3Dソフト初心者がBlenderでキャラ制作を頑張ってみるブログでございます。

ダコタさんに挑戦:10

まいど( ̄ー ̄)ゞ

ダコタさん前半戦終了。
配布を開始!




さてさて・・・
ダコタさん10回目。
ここでひとつ区切りとしましょうかね。
区切りとして配布もしちゃいましょう。

配布動画がこちら。

こちらはニコニコ動画版。
配布する為の動画なので、どんなモデルか分かりやすいよう自身へのエフェクトは控えてますね。
足元のXシャドーと床鏡面くらいですかね。
あと影系を一つ入れたような。

そこからさらに付け加えてるのがこちら。

YouTube版。
リアル系のシェーダーエフェクトで作ってみた感じですかね。
リアルにしたかったというよりかはカッコイイ感じにしたかったのです。
影を強めにいれてみました。
もうちょい強くして陰影ハッキリさせた方がいいかなとも思いましたが上手く出来ませんでしたわ。
ちょっと引いて後ろ姿のシーンとかはほぼシルエットになるみたいな・・ね。
ライティングは難しいのぉ。

あとで思ったのですが、前半エフェクトなしで後半エフェクトありの一本にしても良かったかなぁ~とね。
長くなるから別に良かったのかな。
そもそもYouTube版は4K出力に挑戦してみようかと考えてたのですよ。
結局は負荷与えた後のせいかPCが悲鳴上げてたので今回はやめときましたけどw

それにしても自分で作り始めて言うのもなんだけど、需要があるのかさっぱりワカンナイw
私はアズレンで一番好きなんですけど、人気的にはそんなに突出してるようには見えないんですよね。
まぁ、好きな人に遊んでもらえれば幸い。

しかし、ダコタさんはこれで完成じゃないです。
ここまでは前半戦。
まだ後半戦があります。

そう!盾の艤装?がまだあります!!

あの盾を作りたかったのもダコタさん作成の動機の一つなんですよね。
でもソレはちょっと置いときましょうか。
ダコタさんの身体部分に思った以上に躓いて少々億劫。
しばしの間クールタイムです!
お楽しみはとっておくのですよ♪
どれくらい置いとくかは気分次第。
一か月以内には作り始めたいですね。





 

スポンサードリンク



拍手[0回]