blenderでモデリングする前にやってみた|モデリング|きまぐれ猫遊び

きまぐれ猫遊び

3Dソフト初心者がBlenderでキャラ制作を頑張ってみるブログでございます。

blenderでモデリングする前にやってみた

まいど( ̄ー ̄)ゞ

いざモデリング。
・・・の前に準備です。


作成の前の不要な物の撤去

まずは作業の邪魔になりそうなものを撤去しましょうね。

オブジェクトを右クリックで選択して【X】キー。
ダイアログ出てきたら【削除】を選択すると消えます。
【X】キーだけじゃなくても【Delete】キーでもいいみたいですね。

次はカメラとライトの移動させてみます。
違うレイヤーに移動させるととりあえずは見えなくなるみたいですね。
右クリックで選択して【M】キー。
レイヤーのダイアログが出てきたら、適当な場所をクリックするとそこに移動します。
複数選択する場合は、一つを右クリックで選択してから、次の物は【shift】キーを押しながら右クリックでできますね。

これでまっさらですね。
下のレイヤー情報の所で●がついてる箇所に何かしらのオブジェクトがある事を示しているそうです。
今回だと一番右下にカメラとライトがありますよーという事ですかね。

下絵の準備

次は下絵の準備をします。
絵は得意でないのでフリー素材を提供してくださってるPROJECT-6B様から使わせていただきます。

画面の右上にある【+】ボタンをクリック。

なんか生えてきましたね。
そのウィンドウの下の方にスクロールしていくと【下絵】というものがあります。
【下絵】にチェックして【画像の追加】をクリックします。

もっと詳細な項目がでてきますね。
それで【座標軸】を【前】に変えてから、【開く】をクリック。
一覧がでてくるので、そこから用意していた下絵の画像を選択をします。
元の画面に戻ったら、テンキーの【5】平行投影と【1】正面視点を押します。

下絵が出現しました!
しかし、これだけだと正面からしか下絵が見えませんね。
ということでもう一枚下絵を追加しますよ。
先ほどと同じ要領で【画像の追加】をクリック。

そうすると下に追加されます。
今度は座標軸を【右】に変えてから画像を開きます。
これで正面【1】と右(ライト)【3】で下絵が見えるようになりましたね。
あとはそれぞれの視点からの原点の位置を調整しますよ。

下絵の所で良い感じの位置まで調整です。
このあたりは自分のやりやすそうな場所でいいみたいですかね。
左がX軸の座標移動で右側がY軸の座標移動が可能なようです。
X軸はともかくY軸は名時にした方が良さそう。

正面はこの辺ですかね。

右はこの辺でどうでしょう。

さてさて、これで準備完了でしょう。
次はいよいよモデリングの時間ですな。

ここからができるかどうかの問題ってなものです!

 

スポンサードリンク



拍手[0回]