簡単な鎖の作り方|モデリング|きまぐれ猫遊び

きまぐれ猫遊び

3Dソフト初心者がBlenderでキャラ制作を頑張ってみるブログでございます。

簡単な鎖の作り方

まいど( ̄ー ̄)ゞ

鎖をさっくり作ってしまおう。
同じ形の物を羅列させる方法。




鎖の作り方

 

鎖を作っていきましょう。
鎖というか、同じ形の物を並べて繋げていく感じでしょうかね。

まずは鎖となる形作りです。
ドーナツ型だし『トーラス』で作っていくと楽かもですね。

今回はこんな形の鎖を作っていきます。

次に『トーラス』とは別に『エンプティ』を作ります。
【追加】→【エンプティ】→【座標軸】を選択します。
今回は座標軸を選びましたが、分かりやすいならどんなエンプティでも良いかも。

『エンプティ』の【トランスフォーム】でX軸を【90°】回転させます。
直接3Dビューでやってもいいのだけどね。

今度は『トーラス』に戻ります。
【モディファイア】を使っていきます。
【配列複製】を選択します。

【配列複製】の設定を弄っていきますね。
【適合する種類】でいくつ鎖を生成していくかを決めます。
【オフセット(倍率)】は生成する位置ですかね。
【1】がデフォルトなのですが、鎖はちょっと重ねたいので、それよりも低く設定します。
【オフセット(OBJ)】には先ほど作った『エンプティ』を指定します。
これで連なる毎に鎖が90°回転していきます。

鎖の完成です!

鎖全体の形作り

 

どういう形に鎖を繋げていくかって事です。
物理演算を入れるなら真っすぐのままでも良いと思うのですけどね。

カーブを使っていきます。
【追加】→【カーブ】→【ベジエ】を選択します。
首飾りとかなら【円】で良さそうですね。
【カーブ】が生成されたら好きな形に整えます。

次に『基本形状』オブジェクトの【モディファイア】を設定します。
今回でいうと『トーラス』ですね。
【カーブ】を選択します。

【オブジェクト】に先ほど作った『カーブ』を指定します。

出来上がり。

この方法は色々使えますね。
以前作った三つ編みやフリルみたいな同じ形状が連なってるをカーブに合わせて形作ったりして。

アドオンで更に簡単に

 

ここまでやっておいてアレですが、鎖のアドオンなんてものもあります。
私は『blender2.79』を使ってるのですが、このアドオンが最初から入ってますね。

【ファイル】→【ユーザー設定】を選択します。

【アドオン】→【オブジェクト】を選択します。
【Object:Add Advanced Objects】にチェックを入れます。
これでアドオンが使えるようになります。

【追加】→【Array Mods】→【Chains】→【Add Chain】を選択します。

簡単に設定されたオブジェクトとカーブの鎖が生成されます。
オブジェクトで形変えたり、カーブで長さ変えたりすれば出来上がりですよ!

どちらにしろ、そこまで時間かかりませんけどね。





 

スポンサードリンク



拍手[2回]