目を作ってみました。|モデリング|きまぐれ猫遊び

きまぐれ猫遊び

3Dソフト初心者がBlenderでキャラ制作を頑張ってみるブログでございます。

目を作ってみました。

まいど( ̄ー ̄)ゞ

blenderで目のモデリングです。
オブジェクトなのかテクスチャなのか。


頂点スムーズを使います

 

頭部を作りました。

どうでしょう?
「お試しちゃん」よりちょっと綺麗にメッシュ張れたんじゃないでしょうかね。

実はこれ。
【頂点スムーズ】という機能を使ったことによる結果です。
これをする前はやっぱり結構ガタガタでしたね。。

「お試しちゃん」の髪でやってみます。
このガタガタでなんとかしたい部分を選択します。

画面下の【メッシュ】から【頂点】→【頂点スムーズ】を選択します。

すると、ちょっとゆるやかになるように頂点が移動してくれます。
これは便利!

まぁ、その使う分だけ一回り小さく修正されてしまうみたいなので、使いすぎると大変な事にはなりそうですけどね。
多用は禁物ですかね。

目を作ります

 

目を作ろうと思って調べましたが、作り方は多種多様ですね。
特に今回のようなデフォルトキャラの目の作り方がどうも要領を得ませんね。
どうやってるのでしょうかね?
テクスチャで描いてるのでしょうか?
でも、自然に表情変化してるのもありますし。。
一枚一枚テスクチャ描いてるとか?・・・まさか!

とりあえず今回は、オブジェクトで作って顔にくっつけてみます。
ぬいぐるみのような感じでしょうか。

円で作ってみます。
オブジェクトモードで【Shift】+【A】キーを押して【メッシュ】からの【円】を選択します。
【R】キーで回転させて【S】キーで大きさを調整します。

【F】キーで面を張ります。
選択したまま【I】キーを押してマウス動かすと内側に面を張られていきます。
2回ほどやってみました。

次に形を楕円形にしてみますよ。
オブジェクトを変形させる事ができるラティスを使います。
オブジェクトモードで【Shift】+【A】キーを押して【ラティス】を選択します。

立方体ができるので、目が中に入るように調整しますね。

それから【目のオブジェクト】での操作をします。
モディファイアから【ラティス】を追加します。

【オブジェクト】をクリックして、【ラティスのオブジェクト】を選択します。

続いて【ラティスのオブジェクト】の操作ですね。
画面右の格子のアイコンをクリックして、ラティスの設定をいじります。
左側の【U・V・W】で格子の辺の数を変えれますね。

右側の頂点4つを選択して、X軸を左に寄せると・・・

オブジェクトが変形しますね。

形が整ったら、【目のオブジェクト】に戻ってレティスを適用して確定させます。

これで目の完成です。
分かりづかったのでオブジェクトに色つけてみました。

口とその他

 

目と同様にこの手のキャラの口はどうするか。。

口の部分のメッシュを選択して【E】キーで押し込みます。
これで口の完成です(笑
いやはや、この手の口内まで作るのかどうか。。

これまた分かりやすいように口内のメッシュの色を変えました。
なんだか怪しい。。
試しに仮の作った簡単な体毛のオブジェクトをかぶせてみましょう。

うーん。
なんだろ?
なんだか漂うコレジャナイ感がありますねぇ。。

というか、おにぎり。

 

スポンサードリンク



拍手[1回]