服のモデリングをやってみます|モデリング|きまぐれ猫遊び

きまぐれ猫遊び

3Dソフト初心者がBlenderでキャラ制作を頑張ってみるブログでございます。

服のモデリングをやってみます

まいど( ̄ー ̄)ゞ

blenderで服のモデリングです。
シンプル・イズ・ベスト?


では、体を元にして服を作っていきますよ。

パンツを作ります

 

まずはパンツを作っていきますね。

パンツを作りたい部分のメッシュを選択していきます。
それで【Shift】+【D】キーで複製を作り、移動させずに【Enter】を押して確定させます。

複製したメッシュを選択したまま、【P】キーを押して【選択物】を選択します。
これで複製したものが別のオブジェクトとして独立するわけですね。

次にパンツのオブジェクトを選択してから、モディファイアを追加しますね。
今回は、【シュリンクラップ】を選びます。

それからシュリンクラップのメニューを変更していきます。
ターゲットは素体のオブジェクトを選択します。
その下のオフセットを【0.01】に設定します。
そして、【表面上に保持】にチェックを入れます。

これでパンツの完成です。
体よりちょっと外回り大きくなったデザイン性の皆無なパンツの出来上がりですよ。

シャツを作ります

 

次は、シャツを作っていきます。

パンツの時と同様の方法でいきますね。
シャツの部分を選択していきます。

【Shift】+【D】→【Enter】→【P】→【選択物】→【シャツのオブジェクト】→【シュリンクラップ】ですかね。
シャツは大きめに作ってみたかったので、オフセットは【0.03】くらいに設定してみました。

それでシャツは加工していくので、シュリンクラップを適用させます。

不要な部分は削除して、メッシュを加工していきますよー。

襟元を広げてみたり、色々シャツっぽく調整していきます。

見本の先生は、もっとちゃんとした服をしてたんですけどね。
サボって・・シンプルにしてみました!

靴を作ります

 

最後は靴の作成ですよ。

靴もシャツ・パンツと同様の方法ですね。
【素体の靴の部分を選択】→【Shift】+【D】→【Enter】→【P】→【選択物】→【靴のオブジェクト】→【シュリンクラップ】ですね。
オフセットは【0.02】にしてみました。

さらに靴の場合は、厚みもつけたいので、モディファイアの【厚み付け】も加えていきます。

【厚さ】を【0.02】に設定します。
これでシュリンクラップで広げた分のすき間が埋まる訳ですね。

さらにシュリンクラップと厚み付けは適用させたのですが・・・
なんだか適用の順番でおかしな事になりましたよ。
何も考えず【厚み付け】→【シュリンクラップ】と適用すると、メッシュがぐちゃぐちゃに。。
【シュリンクラップ】→【厚み付け】だと正常に適用されました。
何故こうなるかは分かりません!
・・・見本の先生は、特に記述してなかったので私だけかもですね(笑

とにかく靴っぽく、成形してみました。
といっても、足の裏を押し出してから、靴底っぽいのを作ってみただけですけどねぇ。

これで服の完成です。
見事にシンプルな恰好ですね。

うーん・・・
まだ色なしかつシンプルだからか、服を作ったという実感があまりないですねぇ。。

 

スポンサードリンク



拍手[0回]