手のモデリングをやってみます|モデリング|きまぐれ猫遊び

きまぐれ猫遊び

3Dソフト初心者がBlenderでキャラ制作を頑張ってみるブログでございます。

手のモデリングをやってみます

まいど( ̄ー ̄)ゞ

blenderで手のモデリングです。
手と腕を作って合体!


手を作ります

 

まずは指の方から作っていきましょう。

【shift】+【A】キーで【円】を選択します。

円が出てきたら、画面左下にある頂点の数値を変更して、頂点の数を減らしてみます。
頂点が少ない方が編集しやすいようなのですねぇ。

次に円を指のサイズまで【S】キーで小さくします。
それから指の方向に回転もさせますね。
【R】→【Y】→【90】と入力してから、【R】→【X】→【90】と入力しました。

円メッシュを押し出して、指の形にしますね。
【E】キーで押し出して、【G】キーで移動させ、【S】キーで拡大縮小し、伸ばしていきます。
先端は【F】キーで面張ってから、【K】キーのナイフで、適当に刻んで丸くなるようにしてみました。

指が一本できたら、【Shift】+【D】キーで複製していきます。

ここで今更ながら、ようやく選択方法をちょっと学びましたよ。

輪っか選択:【Ctrl】キーを押しながら、左ドラッグ。
辺ループ選択:【Alt】きを押しながら、右クリック。
メッシュ選択:カーソルを合わせて、【L】キー。

・・・今までshiftの複数選択だけでちまちまやってたんだZE。。

指4本できたら、それぞれの角度や長さ・大きさを調整します。
・・・ちょっととんがりすぎかしら。。

指の付け根を【Alt】+【M】キーで結合しますよ。

次に、外周の辺を選択してから、押し出します。
画面下の方で選択方法が変えられますね。
左が頂点、中央が辺、右が面ですかね。

押し出したら、頂点を移動させて、丸くしておきます。

今度は、親指も作りますね。
人差し指と同じ方法で作ってみました。

親指の位置を調整して、人差し指の方を【Alt】+【M】キーで融合させます。

ここで、少し頂点の数を減らした方が良いみたいなので減らしていきますね。
まずは、親指以外の上下の面を選択します。

これで【Ctrl】+【T】キーを押すと、四角の面が三角に変形しますね。

あとは余分な辺を選択して、【X】キーで【辺を溶解】していくと、頂点を減らしていくができました。

指ができたら、断面を選択して、押し出して伸ばします。
それから手の形になるように変形させれば、手の完成です。

腕を作ります

 

まずは、手に断面を選択しますね。
それから、少し【S】キーで縮小させます。
手首の境目のつもり!

そして、【E】キーで押し出して、「S」キーで拡大縮小して、腕を伸ばしていきます。
体の手前まできたら、体と腕の間を【F】キーで面を張っていきます。

体と腕がくっついたら、体の中の不要な頂点を削除します。
【Z】キーでワイヤーフレーム表示にして、削除していきますね。
削除が終わって、形を整えれば・・・
腕の完成です!

頭と体を合体させます

 

別々に作っていた頭と体を結合させますね。

まずは、体の首辺りの面を削除しておきます。

次に、頭のレイヤーと体のレイヤーを同時に表示させます。
【オブジェクトモード】にして、下のレイヤーを一つ選択して、【Shiht】を押しながら、もう一つも選択します。
それとオブジェクトもまとめておきます。
体と頭を選択して、【Ctrl】+【J】キーを押します。

それから体の方のメッシュを押し出して、首を作りますね。

首ができたら、頭の方の首部分の面を削除しますね。

最後は、首と頭の間を【F】キーで面張りして整えていきます。

これで完成!

やったー!マネキンだ!
第一部・完!

ってな訳でもなく、次は服の作成ですかね。

 

スポンサードリンク



拍手[0回]