ボーンを入れてキャラを動かしてみます|ボーン|きまぐれ猫遊び

きまぐれ猫遊び

3Dソフト初心者がBlenderでキャラ制作を頑張ってみるブログでございます。

ボーンを入れてキャラを動かしてみます

まいど( ̄ー ̄)ゞ

blenderでボーン作りです。
キャラクターが動く!?


ボーンの設定

 

オブジェクトにボーンを追加していきます。
これでキャラクターを動かしてポーズを付けたりできますね。

まずは、オブジェクトをグループ化して一つにまとめます。
まとめたいオブジェクトを選択して【Ctrl】+【G】キーでグループ化します。
外周が緑色になると、グループ化されたって事ですかね。

では、ボーンを追加します。
【Shift】+【A】キーを押して【アーマチュア】から【単一ボーン】を選択しますよ。

生成されたボーンをモデルの中に配置するのですが、そのままだとボーンが埋まって見えなくなるので設定を変えます。
画面右のウィンドウから人型?のアイコンをクリックして、【レントゲン】にチェックを入れます。

これでモデルの中に配置してもボーンの形が分かるようになりますね。

【編集モード】でボーンを配置していきます。
【E】キーで選択したボーンから新たなボーンが生成されて、【S】キーで拡大縮小できます。
メッシュの時とさほど変わらない感じでしょうか。
曲がる箇所にボーンの境目がくれば良いみたいですね。

お腹から頭まで配置したら、今度は腕・足と左右対称のボーンを配置します。
画面左の【オプション】をクリックして、【X軸ミラー】にチェックを入れます。

首のボーンの境目を選択して、【Shift】+【E】キーで左右対称にボーンが押し出せますね。

指先まで伸ばします。
今回の場合だと、指が個々に動きませんね。

同じく足も伸ばしていきます。

ボーンの配置が終わったら、それぞれのボーンを選択していって分かりやすいように名前を付けていきます。
骨のアイコンをクリックして、すぐ下の空欄に名前を入力していきます。

次にボーンとキャラクターを関連付けを行います。
オブジェクトとボーンとどちらも【オブジェクトモード】にして、【キャラクター】を選択してから【ボーン】を選択します。
それから【Ctrl】+【P】キーを押して【自動のウェイトで】を選択します。

ボーンの配置は完了です。
これでボーンを選択して【ポーズモード】にするとポーズを変える事ができますね。

また画面右のウィンドウの【表示】からボーンの形も変える事ができるようです。

ウェイトの設定

 

ウェイトの設定をしていきます。
ウェイトペイントで色塗する事でそのボーンがメッシュにどのくらい影響を与えるかの設定ですかね。

ボーンを【ポーズモード】にして、キャラクターを選択すると【ウェイトペイントモード】が選択できるようになります。

画面左のウィンドウから【オプション】から【Xミラー】にチェック入れると、左右対称になるようです。

画面左のブラシを使って色を変えていきます。
赤くなるほど影響が大きく、青くなるほど影響が小さくなりますかね。

・・・。

これってなかなか難しくありませんかねぇ。。
今の所は詳しく把握できてないので、システムが割り振ったままのウェイトでいってみましょうか。

とりあえずポーズがとれるようになりました!

ボーンの配置を失敗して変な位置から曲がってるけど(笑

 

スポンサードリンク



拍手[3回]